ニュース
» 2015年11月10日 12時00分 UPDATE

製造マネジメント メルマガ 編集後記:ついに山が動くのか、キヤノンも語る第4次産業革命

雪崩を打つような激しい動きに。

[三島一孝,MONOist]
tt140702kobore_icon120.jpg

 この記事は、2015年11月10日発行の「製造マネジメント メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


 IoT(Internet of Things)による製造業革新の動きが、ますます活発化しています。インダストリー4.0など海外の動きが直撃する、生産財メーカーから火がついた動きですが、最近では、大手製造業が軒並みIoTやインダストリー4.0についての方針を述べるようになりました。興味深かったのが、キヤノンの会長兼社長兼CEOの御手洗冨士夫氏があらためて「キヤノンは第4次産業革命で絶好のポジションにいる」と述べたことです(関連記事:「キヤノンは第4次産業革命で絶好のポジションにいる」御手洗会長)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.