ニュース
» 2015年11月11日 07時00分 UPDATE

FAニュース:従来比20%減の軽量サーボモータと速度応答周波数3.2kHzのサーボアンプ

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズは、産業機械設備や産業用ロボット用のネットワークに対応した、ACサーボモータとアンプの新シリーズ「MINAS(ミナス)A6」シリーズを発売する。

[MONOist]

 パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ(AIS)は2015年10月27日、産業機械設備や産業用ロボットに向けたネットワークに対応する、ACサーボモータとアンプの新シリーズ「MINAS(ミナス)A6」シリーズを発表した。

 サーボモータは、磁界解析手法(CAE)を駆使した磁気回路の最適化と放熱性を高める独自のモータ構造を開発。同社従来品に比べ、本体長で30%減の67.5mm、重量は20%減の760gまで低減した。

 サーボアンプは、独自の制御ソフトウェアアルゴリズム技術と高性能のCPUを採用している。これにより、速度応答周波数を30%高速化し、3.2kHzとした。

 また同時に、コントローラーとサーボアンプ間の配線を簡素化する、ネットワークアンプも発表している。62.5μs周期の高速度でデータのやりとりが可能だという。

 今後、モバイル端末から無線でサーボアンプの設定・状態監視ができるセットアップ支援ソフトや、高速スイッチング性と低損失性に優れたフルSiCパワーモジュール搭載のアンプを発売し、顧客の多様なニーズに幅広く対応する。

 MINAS A6シリーズの発売は2015年11月から。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.