ニュース
» 2015年11月11日 11時00分 UPDATE

ベンチャーニュース:スマホでミニ四駆を操れる! “乾電池”の概念を覆すIoTガジェットが資金調達へ (1/2)

タミヤの「ミニ四駆」やタカラトミーの「プラレール」を、スマートフォンから自在に操作できたら――。そんな夢を“乾電池を交換するだけ”で簡単に実現するスマートガジェット「MaBeee」が登場した。同製品を開発したノバルスの代表取締役を務める岡部顕宏氏に話を聞いた。

[陰山遼将,MONOist]

 タミヤの「ミニ四駆」やタカラトミーの「プラレール」を、スマートフォンから自在に操作できたら――。そんな夢を“乾電池を交換するだけ”で簡単に実現するスマートガジェットが登場した。ベンチャー企業のノバルスが開発した乾電池型スマートガジェット「MaBeee(マビー)」だ。量産に向け、2015年11月11日よりクラウドファンディングサービス「Makuake」で資金調達を開始した。

rk_151110_mabee01.jpg 乾電池型スマートガジェット「MaBeee(マビー)」の製品イメージ 出典:ノバルス

 MaBeeeは単3電池サイズのスマートガジェットで、無線アンテナ、Bluetoothチップセットなどを搭載。単4電池に装着して使用し、装着すればその電池の出力をスマートフォンのアプリ上からコントロール(PWM制御)できる。例えば、MaBeeeを装着した電池をミニ四駆で使用すれば、スマートフォンがミニ四駆の“アクセル”となり、遠隔から速度(電池の出力)を自由にコントロールできる。

rk_151110_mabeee02.jpg 「MaBeee」の使い方 出典:ノバルス

コントロール方法もさまざま! 価格は5980円から

 出力のコントロールもさまざまな方法が可能だ。アプリ上のボタンを利用したシンプルなON/OFF制御や、スマートフォンの傾き、入力した声の大きさ、加速度などに応じた制御など複数用意されている。

rk_151110_mabee03.jpg 出力制御の方法もさまざまな 出典:ノバルス
rk_151110_mabee07.jpg 例えば「プラレール」で利用した場合、スマートフォンの傾斜で車両の速度をコントロールし、駅の手前で徐行運転をしたり、ゆっくり停車したり、坂道を上る時に一気に加速するといった操作が可能になる 出典:ノバルス

 クラウドファンディングでの調達金額目標は50万円。支援したユーザーには、通常販売より安価な価格での先行予約を受け付ける。価格はMaBeee2本パックが5980円、4本パックで1万1960円だ。発送は2016年4月ごろを予定しているという。

 MaBeeeを開発したノバルスは、2015年4月に設立したばかりのベンチャー企業。MaBeeeが同社の第1弾製品になる。今回のクラウドファンディングに先立ち、同社の代表取締役を務める岡部顕宏氏に話を聞いた。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.