ニュース
» 2015年11月12日 15時46分 UPDATE

超低消費電力の64bit ARMコア「Cortex-A35」、組み込み市場に64bit推進

ARMが高い電力効率を持つ64bit CPUコア「Cortex-A35」を発表した。

[渡邊宏,MONOist]

 英ARMは命令セットアーキテクチャ「ARMv8-A」に対応する、ローエンド向け64bit CPUコア「Cortex-A35」を発表した。高い低消費電力性(電力効率)が特徴で、同社では「ミリワットあたりの性能ではトップであり、完全で妥協のない64ビットのモバイルユーザーエクスペリエンスを実現する」としている。

 このCortex-A35は、現在多くのスマートフォンやタブレットに搭載されているCortex-A7の後継に位置付けられるもので、64bit環境(ARMv8-A対応環境)を拡大するプロダクトとなる。64bit CPUコアながら、32bit動作も考慮された設計になっており、32bitの各種モバイル負荷においてCortex-A7より平均して20%高い性能を発揮し、28ナノメートルプロセス/1GHz動作の場合、コアあたりの総消費電力は90mW未満に抑えられている。

 なお既に投入されている64bitコア「Cortex-A53」に比較すると、コアあたりの消費電力は約33%少なく、シリコン面積は25%縮小されている。大小のコアを組み合わせることで電力効率を高める「big.LITTLE」アーキテクチャにも引き続き対応する。

 同社では2016年後半までに、パートナー各社によるプロダクションシリコンでのCortex-A35出荷を見込むとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.