ニュース
» 2015年11月13日 10時00分 UPDATE

IoTゲートウェイ管理が3G通信込みで月額500円、アットマークテクノが新サービス

アットマークテクノがIoTゲートウェイ向けの運用管理サービス「node-eye」を開発、2016年春より提供開始する。3G通信とあわせて月額500円より。

[渡邊宏,MONOist]

 アットマークテクノは2015年11月11日、IoTゲートウェイ向けの運用管理サービス「node-eye」を開発、2016年春より提供開始すると発表した。3G通信とあわせて月額500円より提供する。

 node-eyeはゲートウェイの運用に必要な遠隔での監視や設定、ファームウェアアップデートなどを一括して提供するサービス。対応ゲートウェイは同社「Armadillo-IoT」のみとなるが、導入決定後、即時の運用が可能だ。

「node-eye」に含まれるサービス 「node-eye」に含まれるサービス

 オプションとしてゲートウェイからクラウドまでのデータアップロードを低価格で行う3Gモバイル通信(2016年1月よりトライアル提供)、Webブラウザの操作のみでゲートウェイからデータを各種クラウドに送る「データハブサービス」(2016年5月提供開始予定)も用意される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.