ニュース
» 2015年11月13日 14時49分 UPDATE

高速起動Linuxソリューション「Warp!!」が「ConnectCore 6」に対応

リネオソリューションズの高速起動Linuxソリューション「Warp!!」がディジ インターナショナルのFreecale i.MX6搭載システムオンモジュール「ConnectCore 6」に対応した。

[渡邊宏,MONOist]
「ConnectCore 6」 「ConnectCore 6」

 リネオソリューションズは2015年11月13日、同社の高速起動Linuxソリューション「Warp!!」がディジ インターナショナルのFreecale i.MX6搭載システムオンモジュール「ConnectCore 6」に対応したと発表した。

 ConnectCore 6モジュールおよびSBCにWarp!!を搭載することにより、起動時間を通常の47.3秒から10.13秒に短縮することに成功しており、周辺デバイスドライバのパワーマネジメントに対応済みのため、即座の利用が可能だ。

 シングル/デュアル/クアッドコア全てのConnectCore 6に対応しており、Android 4.4.2ならびYoctoに対応する(Yoctoは対応予定)。Android専用の高速起動モードにも対応可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.