ニュース
» 2015年11月16日 09時00分 UPDATE

製造マネジメントニュース:田畑に設置したセンサーで情報を収集し、営農支援する農業IoTソリューション

日立製作所は、PSソリューションズと共同で、農業IoTソリューション「e-kakashi」を開発した。田畑などに設置したセンサーネットワークを通じて温湿度や日射量などの情報を収集し、クラウド上でデータを管理できる。

[MONOist]

 日立製作所は2015年10月7日、PSソリューションズと共同で、農業IoTソリューション「e-kakashi(いいかかし)」を開発したと発表した。営農を支援する国内の自治体・農業協同組合・企業などを対象とし、PSソリューションズから10月14日に発売した。

 e-kakashiは、田畑などの圃場(ほじょう)にセンサーネットワークを設置し、環境や生育情報を収集して営農支援に活用するソリューション。各種センサーを搭載した子機から、温湿度や日射量、土壌内の湿度・水分量、CO2などの情報を収集し、通信モジュールを搭載した親機を通じてクラウド上で管理する。ユーザーは、PCやタブレット、スマートフォンからデータを参照できる。

 同時に5種類のセンサーが接続可能で、クラウドに蓄積されたデータは、API機能によりユーザー独自のソフトウェアやシステムとも連携できる。親機・子機とも屋外の設置に対応し、子機は電池駆動のため、電源が不要となっている。

 価格は、機器代金が74万9600円から、月額利用料が7980円から。サービスの提供開始は2015年12月下旬の予定だ。

photo e-kakashiのイメージ
photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.