ニュース
» 2015年11月17日 07時00分 UPDATE

FAニュース:内接式遊星歯車機構を用いた精密制御用減速機を発売

日本電産シンポは、内接式遊星歯車機構を用いた精密制御用減速機を発売した。減速比は1/59、1/89、1/119の3種類で、ロストモーションは1.0arc-min以下となる。

[MONOist]

 日本電産シンポは2015年11月2日、ロボットや工作機械に向け、内接式遊星歯車機構を用いた精密制御用減速機を発売した。シリーズ名は12月上旬に発表の予定。

 新発売の精密制御用減速機は、同社独自の単純円弧(サークリュート)歯形を進化させた内接式遊星歯車機構を採用している。枠番は025P/042P/080P/130Pの4種類で、減速比は全枠番とも1/59、1/89、1/119の3種類。ロストモーションは1.0arc-min以下で、全機種とも中空軸仕様となっている。

 同社では、2015年6月に波動歯車方式の精密制御用減速機「FLEXWAVE」シリーズを発売。小型用のFLEXWAVEシリーズに加え、今回中・大型用を発売したことで、ロボットの関節駆動や工作機械の高精度インデックスのニーズに幅広く対応できるとしている。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.