ニュース
» 2015年11月17日 15時20分 UPDATE

市場調査/予測:2015年度の国内CAD/CAM/CAE市場規模は、前年度比4.7%増の3384億円に

矢野経済研究所は「CAD/CAM/CAEシステム市場に関する調査結果 2015」を発表。2015年度においては中国経済の減速感はあるものの、民間企業部門は高い収益状況を維持しており、前年度比4.7%増の3384億円になる見込みだという。

[八木沢篤,MONOist]

 矢野経済研究所は2015年11月17日、「CAD/CAM/CAEシステム市場に関する調査結果 2015」を発表した。

 同調査は同年5〜10月の期間、国内の機械系CAD/CAM/CAEメーカー、EDAメーカー、土木・建築系CADメーカーを対象に、直接面談および電話、メールでのヒアリングにより実施されたもの。

 調査結果によると、2014年度の国内におけるCAD/CAM/CAEシステム市場規模は、前年度比3.6%増の3231億円となった。2015年度においては中国経済の減速感はあるものの、国内の民間企業部門は高い収益状況を維持しており、前年度比4.7%増の3384億円になる見込みだという。

CAD/CAM/CAEシステム市場規模推移 CAD/CAM/CAEシステム市場規模推移(出典:矢野経済研究所) ※画像クリックで拡大表示

 分野別の内訳でみると、2015年度の機械系CAD/CAM/CAEシステムの市場規模は、円安による高い企業収益が後押しし、前年度比7.5%増の2273億円となる見通し。土木・建築系CADの市場規模に関しては、公共事業投資が追い風となり、前年度比4.7%増の398億円になると予測する。一方、EDA市場については、厳しい国際競争にさらされている半導体業界の影響などを受け、2014年度は前年度比6.4%減の736億円に、2015年度は前年度比3.1%減の714億円に落ち込むと予測する。

 注目される動向として、3Dプリンタの利活用がCAEをしのぐ可能性を挙げる。これまで、設計データをCAEで解析することで試作回数の削減が行われてきた。しかし、近年の3Dプリンタの性能向上により、試作開発に3Dプリンタを活用するケースが増加。一部では、CAEによる解析を減らして、3Dプリンタによる試作開発でそれを代替する流れが出始めているという。こうした動きを長期的に捉えると、CAD/CAM/CAEシステム市場へも影響を及ぼす可能性が出てきているという。

 また、機能を限定することで、安価で質の高い製品を開発するジェネリック家電メーカーが、機械系CAD/CAM/CAEの新たな需要先になっている点を挙げる。大手家電メーカーの設計部門への3次元CAD導入は一巡し伸び悩んでいる感があるが、国内の成熟市場において新規顧客ニーズを発掘し、成長しているジェネリック家電メーカーが今後の需要先になる可能性が大きいとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.