ニュース
» 2015年11月17日 15時47分 UPDATE

「IoTリファレンス」提供でデータ活用に注力、インテルのIoT戦略

インテルがIoTプラットフォームの新たなリファレンスとプロセッサを発表。IoT構築の複雑性低減を狙う。

[渡邊宏,MONOist]

 インテルは2015年11月17日、同社IoTプラットフォームの新たなリファレンスアーキテクチャとIoTのエッジならびエンドデバイス向けプロセッサ「Quark D1000」「Quark D2000」「Quark SE SoC」を発表した。

 同社は2014年12月に同社製品の組み合わせによって構築されたセキュリティとネットワーク接続性を一体化したIoT向けのリファレンスモデル「インテル IoT プラットフォーム」を発表しているが、新たなリファレンスアーキテクチャではモノ(Things)、ネットワーク、クラウドの3分野においてリファレンスを示し、複雑性の軽減、セキュリティの確保、信頼性の高いデータ共有などを図る。

 同社はSAPと共同で、SAPのクラウドプラットフォーム「SAP HANA Cloud Platform」(以下SAP HCP)を活用した企業向けのIoTソリューションを開発する予定であり、同日に開催された同社のIoTへの取り組みや事例を紹介するイベント「Intel IoT ASIA 2015」では同社IoT事業本部 副社長 兼 IoT戦略、テクノロジー・オフィス本部長のローズ・スクーラー氏からQuarkを搭載したウェアラブルデバイスにCoreプロセッサ搭載のゲートウェイ、WindRiver Helix Device Cloud、SAP HCPを組み合わせたスマートファクトリーのイメージが紹介された。

インテルの紹介した新たなIoTリファレンスアーキテクチャ インテルの紹介した新たなIoTリファレンスアーキテクチャ
SAP HCPとの組み合わせイメージ SAP HCPとの組み合わせイメージ

 「Quark D1000」「Quark D2000」はIoTのエッジデバイスに向けた低消費電力と処理能力のバランスに考慮したMCU(MicroControllerUnit)で、既にD1000は出荷が開始されている。D2000は2015年末までの出荷開始が見込まれる。「Quark SE SoC」はよりエンドデバイスに向けた製品で、センサーからのデータを取得するためのハブを備える。

 スクーラー氏はIntel IoT ASIA 2015の基調講演にて「複雑性をなくして、スケーラビリティを確保しなくてはならない」とリファレンスデザインの重要性を強調。IoT時代に必要な要素として「リファレンスアーキテクチャ」「IoT製品のポートフォリオ」「パートナーエコシステム」を挙げ、「モノがネットワークを経由してクラウドにつながり、データが流れて解析されなければIoTではない」とデータを生かすことが何よりも重要だと述べた。

photo データの重要性」としてスクーラー氏が示したLevi'sの事例。同社では在庫管理の不徹底で1兆1000億ドルの損失を生んでいたが、在庫管理へTrusted Analytics Platform(TAP)によるデータ解析を導入した結果、在庫の適正化に成功し、売り上げの向上につながったという

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.