ニュース
» 2015年11月18日 07時00分 UPDATE

FAニュース:制御盤のIoT/M2Mシステム構築に役立つ小型スマートリレー

DECは、制御盤や小型制御システムのIoT/M2Mシステム構築を支援する、スマートリレー「FL1F形」を発売した。Webサーバ機能を搭載し、PCやスマートフォンからの遠隔監視・遠隔操作・データロギングを可能にした。

[MONOist]

 IDECは2015年10月26日、制御盤や小型制御システムのIoT(モノのインターネット)/M2Mシステム構築を支援する、スマートリレー「FL1F形」を発売した。

 FL1F形は、プログラムレスのWebサーバ機能を搭載。PCやスマートフォンからの遠隔監視・遠隔操作・データロギングが可能で、これらを伴うシステム構築に対応できる。

 8DI/4DOのI/Oを内蔵するほか、24DI/20DO/8AI/8AOの増設モジュールで、最大12台のI/Oを増設できる。また、最大16コネクションが可能な1:n通信と、イーサネット経由で最大8台のリモートI/O通信も可能。幅広い拡張性を備えた。

 さらに、42種類のファンクションブロックと、決まったパターンをブロック化し、繰り返して使用できるユーザー定義ファンクションを搭載。イーサネット通信で遠隔からプログラミングのアップ/ダウンロードが実施できるため、開発工数の削減にも寄与できる。

 プログラムサイズは8500バイトで、データロギング機能は512バイト。3色のバックライトを搭載し、エラー発生・警戒などのステータスごとに表示するなど、表示機能も向上した。

photo
photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.