ニュース
» 2015年11月18日 11時00分 UPDATE

ロサンゼルスオートショー2015:新型「シビッククーペ」を初公開、北米市場で2016年3月に発売

ホンダは、「ロサンゼルスオートショー2015」で新型「シビッククーペ」を初公開した。北米市場で同年秋に発売した新型「シビックセダン」に続き、2016年3月に市場投入する。

[朴尚洙,MONOist]

 ホンダは2015年11月17日(米国時間)、「ロサンゼルスオートショー2015」(一般公開日:2015年11月20〜29日)において、新型「シビッククーペ」を初公開した。北米市場で同年秋に発売した新型「シビックセダン」に続き、2016年3月に市場投入する。その後、5ドア、スポーティーモデルの「Si」、そして「TYPE R」と続々と展開を拡大していく計画だ。

ホンダの新型「シビッククーペ」 ホンダの新型「シビッククーペ」(クリックで拡大) 出典:ホンダ
新型「シビッククーペ」のフロントフェイス新型「シビッククーペ」のサイドビュー新型「シビッククーペ」のリヤビュー 新型「シビッククーペ」のフロントフェイス(左)、サイドビュー(中央)、リヤビュー(右)(クリックで拡大) 出典:ホンダ
既に発売中の「シビックセダン」の外観既に発売中の「シビックセダン」の外観 既に発売中の「シビックセダン」の外観(クリックで拡大) 出典:ホンダ

 10代目となる新型シビックシリーズは、北米市場におけるホンダの最量販車であり、同社を代表する車両でもある。シビックセダンに次ぐ第2弾のシビッククーペは、セダン以上に際立たせたファストバックスタイルや、短いリアオーバーハングなど、スポーティーさをさらに追求したデザインになっている。

新型「シビッククーペ」の内装新型「シビッククーペ」の内装
新型「シビッククーペ」の内装新型「シビッククーペ」の内装 新型「シビッククーペ」の内装(クリックで拡大) 出典:ホンダ

 エンジンは、ホンダが積極的に展開を拡大している排気量1.5l(リットル)の直直噴ターボエンジンの他、排気量2.0lの自然吸気エンジンも設定した。運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」や、Appleの「CarPlay」やGoogleの「Android Auto」を利用可能なAndroidベースの7インチタッチパネル搭載ディスプレイオーディオなども採用している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.