ニュース
» 2015年11月19日 07時00分 UPDATE

FAニュース:伊賀事業所に大型5軸加工機2台を導入、インダストリー4.0への対応を図る

DMG森精機は、同社の伊賀事業所(三重県伊賀市)に、大型5軸加工機「DMC 340 FD」2台を導入した。従来の5面加工機に比べ、加工時間を約49%削減するため、生産性が大幅に向上するという。

[MONOist]

 DMG森精機は2015年10月30日、同社の伊賀事業所(三重県伊賀市)に、大型5軸加工機「DMC 340 FD」2台を導入したと発表した。

 今回導入したDMC 340 FDは、パレットチェンジャ付きの大型5軸加工機となる。最高回転速度120min−1のターニングテーブルを搭載し、旋削とミーリングの複合加工に対応できる。主軸の最高回転速度は1万2000min-1、最大出力は52kW、最大トルクは430N・m。従来の5面加工機に比べ、加工時間を約49%削減できる。

 伊賀事業所では、これまで5面加工機を使用していたが、同時5軸加工が可能なDMC 340 FDを導入したことで、生産性が大幅に向上するという。また、同機とツールプリセッタやパレットプールなどの周辺機器とをネットワークでつなぎ、同社の組み込みソフトウェアで制御する。これにより、工具や加工スケジュールなどの情報を一元管理し、インダストリー4.0に対応した生産体制を実現していく。

 なお、DMC 340 FDの国内での稼働は伊賀事業所のみとなるため、加工の様子を見学できる展示機ともなる。

photo 外観
photo 伊賀事業所での据え付けの様子

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.