ニュース
» 2015年11月19日 12時12分 UPDATE

ET2015:「Windows 10 IoT」の“実用度”を体感できるマイクロソフトブース

ET2015のマイクロソフトブースは、「Windows 10 IoT」と「Azure」に関する展示が多くを占める。単なる展示ではなく実際の導入を意図した紹介が多く、組み込み業界への意気込みが感じられる。

[渡邊宏,MONOist]

 ET2015での日本マイクロソフトブースは新投入される組み込みOS「Windows 10 IoT」とクラウドサービス「Azure」の連携に関する展示が多くを占める。2015年春に行われた「組込みシステム開発技術展(ESEC2015)」での展示内容に近いが(関連記事:組み込み業界からも注目のWindows 10、桃色もあるマイクロソフト)、より実務用途を念頭に置いた展示やデモが増えている印象だ。

photo 日本マイクロソフトブース

 組み込み向けOS「Windows 10 IoT」シリーズは「Windows 10 IoT Enterprise」「Windows 10 IoT Mobile Enterprise」「Windows 10 IoT Core/Core Pro」の3エディション4製品として提供され(Core ProはOEM向け)、これらを含めたWindows 10シリーズのソフトウェア開発については「ユニバーサルWindowsプラットフォーム」(UWP)が導入されており、1つのソースコードから作った実行ファイル(アプリ)と、デバイスドライバがWindows 10の複数種デバイスで動作するのが大きな特徴だ。

 ブースではWindows 10 IoT搭載(対応)製品が多く展示されており、各社の産業用IoTゲートウェイや産業用PC、FAコントローラー、遠隔監視用ユニット、産業用タブレットなど、幅広い用途に対応することが紹介されていた。既存製品が対応OSを拡大したというだけではなく、OSイメージをROM化することで電源瞬断に耐える製品も紹介されており、「現場での実用に耐える製品」という訴求が目立った。

photophoto ネクスコムの産業用IoTゲートウェイ「NISE50C」(写真=左)、PFUの産業用PC「AR2100/2200」
photophoto NECが参考展示したWindows 10 IoT Core搭載の堅牢型タブレット(写真=左)、ベッコフのFA用組み込み型コントローラー「CX5130」(写真=左)

 Azureを利用したソリューションとしては、岡谷エレクトロニクスの産業用バーコードスキャンシステム「スナップスキャン IoT for クラウド」や、東京エレクトロンデバイスのカメラなどセンサー情報可視化をPowerBIで行う「Falcon Link MKII」、ベッコフAutomationのOPC-UA/PLCopen対応PC制御プラットフォームなどが展示されていた。

photophoto 「スナップスキャン IoT for クラウド」(写真=左)、「Falcon Link MKII」(写真=右)。Falcon Link MKIIはx86プロセッサにWindows 10 IoT Coreを搭載、先代はいわばリモートコントロールユニットだったが、新たにカメラ入力にも対応することで遠隔地の状況を可視化する製品へと進化した

 ブースにはマイクロソフトの提唱する「IoYT(Internet of Your Things)」を広めることをテーマとしたコミュニティー「IoT あるじゃん(ALGYAN)」のコーナーも用意されており、ルネサス「RZ/A1H」を採用したmbedボードとセンサー付きドーターボードを組み合わせた「Pinkit」の展示と販売も行われている。

「Pinkit」 「Pinkit」
鈴峰桐さん 「Pinkit」は和テイストのパッケージで紹介されている。モデルは秋葉原「幻燈館」の店長、鈴峰桐さん

 GR-PEACHはCortex-A9コアを採用したルネサス「RZ/A1H」を搭載しており、高い処理能力を持つmbedボード。新たにカメラユニットが用意され(コア製)映像入力も容易に扱えるようになった。ただ、搭載メモリなどリソースの関係もありWindows 10 IoTは動作せず、.NET Micro Frameworkを利用する。ただ、リアルタイムデバッグが可能など小回りのきくIoT開発が可能であることから、IoT開発入門のボードとして評価されているという。

 開発ボードに関しては、Windows 10 IoT CoreをRaspberry Pi2にインストール、Azureと連携させた状態のデモを紹介しながらの「開発相談室」コーナーも用意されており、マイクロソフトの担当者へ製品導入や活用について気軽に質問をすることもできる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.