ニュース
» 2015年11月19日 20時53分 UPDATE

ET2015:新SoC「Merlin Falcon」がその威力を見せつける

ET2015にて日本AMDは新型SoC「Merlin Falcon」を中心としたデモを行っている。4K映像を再生しながらCPU負荷が数%にとどまるなど、その能力を分かりやすく紹介しており、加えてAMD APU上で動く「Red Hat Linux Enterprise 7.1+Qt」も見逃せない。

[渡邊宏,MONOist]

 組み込み技術の総合展示会「Embedded Technology 2015(ET2015)」にて、日本AMDは発表されたばかりの新型SoC「Merlin Falcon」を中心としたデモを行っている。強力な画像処理性能を持つだけではなく、SoC化することによって得られるメリットを十分に体験できる内容だ。

 「Merlin falcon」(コードネーム)と名付けられた新型SoCは、AMD Rシリーズの後継にあたるが、1チップに統合するだけではなく、これまで別チップだったサウスブリッジまでを1パッケージに統合したSoC(System on Chip)製品だ。CPUコアに“Excavator”、GPUに“Radeon HD 10000”を採用しており、アプリケーションの負荷分散を行うHSA(Heterogeneous System Architecture)の内部バスも高速化されている。

 ブースではMerlin falconを搭載したテストボードが複数用意されており、4K映像の再生やリアルタイムでの顔認証、さらにはCRI・ミドルウェアの協力により、Merlin falcon上でCRI・ミドルウェアのムービーミドルウェア「CRI Sofdec7」を利用しての動画再生とUnityによる3Dレンダリングを同時に行うデモが行われている。

Merlin falconを搭載したテストボード Merlin falconを搭載したテストボード
4K映像再生デモリアルタイムでの顔認証 4K映像の再生でもCPU負荷は7〜8%にとどまっており、ハードウェアデコードが有効に活用されていることがよく分かる(写真=左)、リアルタイムでの顔認証デモ。顔を認識した瞬間に青い○で顔が囲われる(写真=右)
CRI Sofdec7によるデモ 背景は映像、キャラクターと足元の水面はUnityエンジンによる3Dレンダリング。複数本の動画を再生しながら、同時にUnityエンジンを用いたGPUによる3Dレンダリングの同時描写はかなりの負荷となるが、キャラクターが3体に増えても動きの滑らかさは失われていない

 動きの滑らかさという点では、Red Hatの「Red Hat Embedded Program」を利用したAMD Rシリーズ内蔵のGPUを活用したデモも興味深い。これはRed Hat Linux Enterprise 7.1上にて、クロスプラットフォーム開発可能なGUIフレームワーク「Qt」(バージョンは5.6)を利用してWebGLを実行するもので、表示ディスプレイにはタッチパネルディスプレイが利用されている。GPUの能力もあってか、軽く触れるだけでもサクサクヌルヌルとよく動く。

photo AMD RシリーズでRed Hat Linux Enterprise 7.1+Qt。Red Hat Embedded Programは組み込み向け提供プログラムであり、Red Hatが提供する製品自体はタイニー版ではなくフルパッケージ版となる

 その他にも、クアッドコア 2.4Ghz駆動のAMD GシリーズAPU「GX-424CC」を搭載したNAS「TVS-463」上でバーチャルマシンを起動しての仮想OS利用(ゲストOSはWindows 7 64bit)や、イーソルが独自で拡張した組み込みシステム向けRTOSである「eT-Kernel」をAMD Rシリーズ上で動作させるデモ、Mentor Embedded Linuxを利用しての輪郭検出デモなども紹介されている。いずれもMerlin Falconならびに同社APUの能力をその目で確認できる内容となっている。

Mentor Embedded Linuxを利用しての輪郭検出デモ Mentor Embedded Linuxを利用しての輪郭検出デモ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.