ニュース
» 2015年11月20日 06時00分 UPDATE

ロサンゼルスオートショー2015:「SKYACTIV-G」初のダウンサイジングターボ、排気量2.5lで新型「CX-9」に搭載 (1/2)

マツダは、「ロサンゼルスオートショー2015」において3列シート7人乗りのSUV「CX-9」の新モデルを公開した。新開発の排気量2.5l直噴ターボガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」を搭載し、EPAモードで従来比約20%の燃費改善を実現した。2016年春に北米市場から販売を始める。

[朴尚洙,MONOist]

 マツダは2015年11月18日(米国時間)、「ロサンゼルスオートショー2015」(一般公開日:2015年11月20〜29日)において、3列シート7人乗りのSUV「CX-9」の新モデルを公開した。2006年発売の初代から9年ぶりのフルモデルチェンジとなる。新開発の排気量2.5l(リットル)直噴ターボガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」を搭載し、EPAモードで従来比約20%の燃費改善を実現した。2016年春に北米市場から販売を始め、グローバル販売台数は5万台を計画している。

マツダの新型「CX-9」 マツダの新型「CX-9」。ボディカラーの「メタルグレイ」は、「ソウルレッド」に続くプレミアムカラーになる(クリックで拡大) 出典:マツダ
新型「CX-9」のフロントフェイス新型「CX-9」のサイドビュー新型「CX-9」のリヤビュー 新型「CX-9」のフロントフェイス(左)、サイドビュー(中央)、リヤビュー(右)(クリックで拡大) 出典:マツダ
新型「CX-9」の内装新型「CX-9」の内装新型「CX-9」の内装 新型「CX-9」の内装(クリックで拡大) 出典:マツダ

 新型CX-9は、新世代技術「SKYACTIV」とデザインテーマ「魂動−Soul of Motion」を全面的に採用した新世代商品群の第7弾モデルだ。フラッグシップセダンの「Mazda6(日本名:アテンザ)」と同様にハイエンドモデルの位置付けになっている。

 主に成熟したファミリー層を対象に、機能やスペックを超えた上質な心地よさをお届けすることで、「親としてだけではない、人生のさまざまな側面をスマートに輝かせる新しいクロスオーバーSUV像」を提案するという。

関連キーワード

SKYACTIV | マツダ | SUV | ダウンサイジング | 世界初


       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.