ニュース
» 2015年11月25日 07時00分 UPDATE

FAニュース:X軸移動量3000mmの大型横形マシニングセンタを開発

ジェイテクトは、農建機・エネルギー・発電機・航空機などの大型量産部品加工向けに、大型横形マシニングセンタ「FH1600SW5i」を開発した。X軸移動量は3000mm、クイル軸(W軸)は750mmで、広い加工範囲に対応できる。

[MONOist]

 ジェイテクトは2015年11月10日、農建機・エネルギー・発電機・航空機などの大型量産部品加工向けに、X軸移動量最大3000mmの大型横形マシニングセンタ「FH1600SW5i」を開発したと発表した。

 FH1600SW5iは、パレットサイズ1600mmの横形マシニングセンタでは最大になるという振りφ3200mm、高さ2200mm、質量8000kgの工作物を積載できる。X軸移動量は3000mm、クイル軸(W軸)は750mmで、広い加工範囲に対応できる。

 主軸軸受に大径高剛性軸受を採用したほか、クイル主軸移動(W軸)にはデュアルボールねじ駆動を搭載。W軸の送り剛性を高め、安定した切削能力を備えた。また、Y/Z軸デュアルボールねじ駆動、X/Y/Z軸に大径ボールねじと大型円筒ころスライドを採用したことで、従来機に比べて送り速度が向上している。

 さらに、門形マシニングセンタと横中ぐり盤2台を必要とする工程を1台に集約できるため、段取り時間を削減して生産性を向上できるという。

 価格は2億円で、同社では年間7台の販売を目指すとしている。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.