ニュース
» 2015年11月26日 07時00分 UPDATE

FAニュース:大型ギヤ加工向けスカイビングセンタを開発、工作物外径250〜270mmに対応

ジェイテクトは、自動車・産業ロボット・建設機械・トラックなどに使用される工作物外径250〜270mmの大型ギヤ加工を可能にした、ギヤスカイビングセンタ「GS700H」を開発した。

[MONOist]

 ジェイテクトは2015年11月10日、自動車・産業ロボット・建設機械・トラックなどに使用される工作物外径250〜270mmの大型ギヤ加工を可能にした、ギヤスカイビングセンタ「GS700H」を開発したと発表した。旋削から歯切り(スカイビング)、穴あけまでを1台に集約したことで、加工精度を安定させた。

 GS700Hは、主軸に回転速度6000min−1の高剛性主軸を搭載している。また、独自の高剛性トラ二オン形テーブルを開発。ワーク軸(B軸)に大径高精度軸受と高トルクDDモーターを採用し、回転速度1000min−1、最大積載φ700/550?を可能にした。チルト軸(A軸)では、高剛性クロスローラー軸受と両側ディスクブレーキを採用し、テーブル傾斜時の安定性を確保している。

 さらに、同社独自のCNC装置「TOYOPUC-GC70」を搭載。主軸とワーク軸の高速同期制御を可能にしたほか、ギヤ諸元、切削条件データなどの入力でプログラムを作成できる、自動プログラミング機能を備えた。

 価格は1億4000万円で、同社では年間5台の販売を目指すとしている。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.