ニュース
» 2015年11月27日 09時00分 UPDATE

製造IT導入事例:統合データベース基盤として高速データベース・マシンを採用

リンテックは、基幹システムの統合データベース基盤として、オラクルの高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database Machine」を採用した。

[MONOist]

 日本オラクルは2015年11月11日、リンテックが、基幹システムの統合データベース基盤として、オラクルの高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database Machine」(以下、Oracle Exadata)を採用したと発表した。

 リンテックは、粘着紙などの粘着素材や特殊紙などの開発・製造・販売を手掛け、アジアを中心にグローバルに展開するメーカー。同社では従来、基幹システムの稼働環境や開発環境として、用途ごとに異なるサーバを保有していた。

 今回、事業拡大にも柔軟に対応できるITシステム構築のため、Oracle Exadataによる統合データベース基盤を採用。今後は、ハイブリッド・クラウドへの移行も見据え、Oracle Exadataをはじめとする計3つのシステム基盤に集約し、海外子会社を含むグループ共通のプライベート・クラウド環境を構築する。

 Oracle Exadataは、データベースの統合ソリューションを可能にするデータベース・マシン。プライベート・クラウド構築時に求められる処理能力と拡張性、可用性を備え、オンライントランザクション処理やバッチ処理、データウェアハウスなど、各種のデータベース処理が共存できる。リンテックでは今後、サプライチェーン管理や会計に運用している「Oracle E-Business Suite」をOracle Exadataによる統合データベース基盤に移行する予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.