ニュース
» 2015年11月27日 06時00分 UPDATE

SCF2015:デジタル化が進むモノづくり、その時求められる制御の「これから」

アズビルは東京ビッグサイトで共同開催されるファクトリーオートメーション関連の展示会「システムコントロールフェア2015」と計測機器の展示会「計測展2015 TOKYO」(2015年12月2〜4日)に出展する。

[MONOist]

 アズビルは東京ビッグサイトで共同開催されるファクトリーオートメーション関連の展示会「システムコントロールフェア2015」と計測機器の展示会「計測展2015 TOKYO」(2015年12月2〜4日)に出展する。

 出展ブース(西4ホールNo.M4-05)のテーマは「計測と制御はネットワークで次のステージへ」。製造業への活用に注目が集まるIoT(Internet of Things、モノのインターネット)などの新潮流にも着目し、生産革新や安全・安心、エネルギー最適化など、製造業が抱えるさまざまな課題に対応するソリューションや商品、新技術を紹介する。

制御の「これから」を提案

 出展ブースは主に「プロセスオートメーション」「ファクトリーオートメーション」「エネルギーマネジメント」「azbil New Field」の4つで構成する。プロセスオートメーションゾーンでは、IoT活用による生産性の向上やプラントの運用・保守管理を支援するサービス、災害やサイバー攻撃などを想定した危機管理ソリューションなどを展示する。

rk_151126_azubiru01.jpg アズビルの出展ブースのイメージ 出展:アズビル

 ファクトリーオートメーションコーナーのテーマは生産革新。デジタル化が進むモノづくりにおける、制御の「これから」を提案するという。具体的にはヒータの状態監視と設定管理を実現する電力調整器「PU21/PU23シリーズ」、高精度位置計測センサー、アズビル独自開発の熱式流量センサーである「マイクロフローセンサ」とアクチュエーター技術を搭載する気体用マスフローコントローラーなどを展示する予定だ。

rk_151126_azubiru02.jpgrk_151126_azubiru03.jpg パネルマウントマスフローコントローラー「MPC」/デジタルマスフローコントローラー「MQVシリーズ」出典:アズビル

 この他に“人の手と目”の能力を機械化した「アクティブコンプライアンスデバイス」と「サーボビジョンシステム」の2つの技術を搭載する自動組立ロボットを利用して、これまで人が行っていた作業を自動化するデモンストレーションを披露する。

システムコントロールフェア2015 (SCF 2015)特集

SCF 2015特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.