ニュース
» 2015年11月27日 12時00分 UPDATE

SCF2015:注目のオープン規格「EtherCAT」、使いこなして工場をスマートに

ベッコフオートメーションは東京ビッグサイトで共同開催されるファクトリーオートメーション関連の展示会「システムコントロールフェア2015」に出展。産業用オープンネットワーク「EtherCAT」対応製品を始め、日本初出展となる新製品やアプリケーションデモを披露する。

[MONOist]

 ベッコフオートメーション(以下、ベッコフ)は、東京ビッグサイトで開催されるファクトリーオートメーション関連の展示会「システムコントロールフェア2015」(2015年12月2〜4日)に出展する。

 同社はPCベースのFA制御ソリューションを展開している。中でも工場などの産業用オートメーションにおいて、フィールドネットワークのオープン化が進んでいることで注目が集まる産業用オープンネットワーク「EtherCAT」関連の技術に強みを持つ。EtherCATはEthernet(イーサネット)と互換性のあるオープンなフィールドネットワークで、同社はその開発メーカーであるドイツBeckhoff Automationの日本法人だ。

 展示ブースでは、EtherCAT対応の産業用PC、ソフトウェアPLC/CNC/RC、各種フィールドバス対応I/Oなど、同社の強みである幅広い製品ラインアップを展示する。さらに日本での公開は初となるスマート工場の構築に適した産業用サーバも披露する予定だ。また、無配線リニア搬送システム「XTS(eXtended Transport System)」をはじめとするモーション機器も展示する。

rk_151126_bekkofu01.jpg 「XTS(eXtended Transport System)」。写真は「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア)2015」で展示したもの

 XTSはレール部にコイル、可動子に磁石を入れ、配線なしで可動子を動かせる搬送システム。EtherCATの強みを生かし、レール部のコイルに流れる電気の複雑な制御を実現することで、個々の可動子を高精度かつ高速に動かせるのが特徴だ。こうした展示の他、パートナー企業と協力して、ロボット、IoT(Internet of Things、モノのインターネット)対応の工作機械、UVWステージなどのアプリケーションデモも披露する。

システムコントロールフェア2015 (SCF 2015)特集

SCF 2015特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.