ニュース
» 2015年11月30日 07時00分 UPDATE

FAニュース:省エネと加工時間の短縮を可能にするファイバー大型レーザー加工機

三菱電機は、ファイバーレーザー発振器の搭載により、省エネと加工時間の短縮に貢献する大型レーザー加工機「ML6030XL-F40」を発売した。大型ワークを高速・高精度に加工でき、安全性と操作性にも配慮した。

[MONOist]

 三菱電機は2015年11月12日、ファイバーレーザー発振器の搭載により、省エネと加工時間の短縮に貢献する大型レーザー加工機「ML6030XL-F40」を発売した。3×6m材以上の大型ワークを高速・高精度に加工できる。

 ML6030XL-F40は、発振効率に優れたファイバーレーザー発振器と、独自開発の高効率サーボモータ・サーボアンプやインバーター制御冷却装置などを搭載。同社の炭酸ガス大型レーザー加工機に比べ、消費電力を約60%削減できる。また、加工完了後に発振器や冷却装置などを段階的に停止させる「ecoモード」を採用し、同モード非使用時に比べて待機時の消費電力を最大70%削減できるようになった。

 ハイピークピアス技術の採用で、板厚25mmの軟鋼ピアシング時間を最大で50%短縮。板厚3mmまでのステンレス加工では、独自の高速レーザー切断技術「F-CUT」を用いれば加工時間を最大50%短縮できるという。

 また、板厚25mmまでの軟鋼切断に最適化した独自の制御・加工技術により、切断面粗さとテーパーを炭酸ガスレーザー加工機と同等にした。

 さらに、安全カバーを標準装備し、ファイバーレーザー光に対する作業者の安全性を確保。カバー内部は4台のカメラで確認できる。また、加工前後の段取りに優れたオートパレットチェンジャーを備え、安全性と操作性を両立さた。

photo ML6030XL-F40

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.