ニュース
» 2015年11月30日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:機械学習を利用したビッグデータ活用分野で協業

シーイーシーはPFIと、機械学習を利用したビッグデータの活用分野で協業すると発表。第1弾として、トヨタの「機械学習を利用したデータ分析システム」試行導入を支援し、稼働を開始した。

[MONOist]

 シーイーシーは2015年11月19日、Preferred Infrastructure(PFI)と、機械学習を利用したビッグデータの活用分野で協業すると発表した。その第1弾として、トヨタ自動車の「機械学習を利用したデータ分析システム」の試行導入を支援し、稼働を開始した。

 シーイーシーは、独自の製品やサービスを活用したICTの力で、製造業の「革新的なモノづくり」を支援している。一方、PFIは、検索・レコメンド技術、機械学習、自然言語処理、分散処理技術などの研究開発に取り組んできた。

 今回、両社の特長を生かし、トヨタ向けに「機械学習を利用したデータ分析システム」を提供。同システムは、顧客の意見や困りごとを抽出・分析し、早期発見した情報を各関連部門で活用できるよう、業務改善プロセスに組み込むことを目的に構築した。

 今後は同システム導入を契機に、シーイーシーのシステムインテグレーション力とICT基盤の構築力と、PFIの機械学習を活用したビッグデータの分析技術を組み合わせ、顧客が抱える課題に対し、データをもとに有効な解決策を提供する「ビッグデータ活用サービス」の開発を共同で進めていく方針だ。

photo シーイーシー/PFIサービスのイメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.