ニュース
» 2015年11月30日 14時00分 UPDATE

モーターシミュレーションを1BOX化、低価格高精度なモーター信号発生器

ディエスピーテクノロジが、モーターシミュレーションに必要なシステムを1ボックス化したモーター信号発生器「DT-1053」を発売する。高精度高速応答と「HILSの10分の1程度」の低価格が特徴だ。

[渡邊宏,MONOist]
モーター信号発生器「DT-1053」 モーター信号発生器「DT-1053」

 ディエスピーテクノロジは、モーターシミュレーションに必要なシステムを1ボックス化したモーター信号発生器「DT-1053」を2015年度末より販売開始する。価格は未定だが、「モーターHILSの10分の1程度」(同社)の低価格での販売を予定しており、多バリエーションの必要なコントローラー試験や外部委託開発先への展開を低コストで行える。

 新製品はモーターHILSを用いたシミュレーションシステムとは異なり、電源供給のみでモーターシミュレーションが可能なモーター信号発生器。独自開発した浮動小数点ユニットをFPGA(アルテラ Stratix III)に実装しており、線型モデルで1.5μs、非線形モデルで2μsの高速な電流応答と角度応答を可能としている。

 モーターモデルの実装に関しては、データシート(線型モデル)およびJMAG-RT(非線形モデル)を同社にて行う他、導入先でWindows PCを使っての実装も可能だ(導入先での実装に利用するソフトウェアはオプション)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.