ニュース
» 2015年11月30日 15時35分 UPDATE

3次元ツールニュース:世界初、アセンブリのすき間を自動で埋めながら外形抽出する機能

エリジオンは、3次元データ変換・活用支援ツール「CADdoctor」の最新バージョンとなる「CADdoctor EX7.0」の販売開始を発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 エリジオンは2015年11月30日、3次元データ変換・活用支援ツール「CADdoctor」の最新バージョンとなる「CADdoctor EX7.0」(以下、EX7.0)の販売開始を発表した。3次元データを用いた解析業務の重要性が増していることを受け、CAE業務の効率化を支援する機能の改善と新規開発に注力したという。

 EX7.0では、形状処理技術を駆使し、部品間のすき間を自動で埋める「世界初」(同社)の機能を実現することで、従来の外形抽出の精度を向上させると同時に、アセンブリの内部空間を抽出しCADモデル化する機能を実装。これにより、ユーザーは流体解析に必要な形状だけをCADデータから抽出できるようになるため、解析用のデータ作成の工数を削減できるという。

アセンブリに含まれるすき間を埋めた例。ブーリアン演算の改良により精度が大幅に向上 アセンブリに含まれるすき間を埋めた例。ブーリアン演算の改良により精度が大幅に向上 ※画像クリックで拡大(出典:エリジオン)
アセンブリの外形を抽出した例。1ソリッド化する際、モデルの内部が消去されるため断面は埋まっている アセンブリの外形を抽出した例。1ソリッド化する際、モデルの内部が消去されるため断面は埋まっている ※画像クリックで拡大(出典:エリジオン)
アセンブリから内部空洞を抽出し、1つのソリッドモデルを作成した例 アセンブリから内部空洞を抽出し、1つのソリッドモデルを作成した例 ※画像クリックで拡大(出典:エリジオン)

 また、リバースエンジニアリング機能を改善したことで、CAEツールで作成したポリゴンデータから、高品質なCADデータを作成できるようになった。例えば、樹脂製品の流動解析を行い、成形による反りなどの変形をシミュレーションし、そこで得られた変形後形状のポリゴンデータから高精度なCADデータを作成。解析結果が反映されたこのCADデータと、設計時に作られた周辺パーツのCADモデルを組み合わせることで、周辺部品との干渉チェックなどに役立てることが可能となる。

 同社は今後も、3次元データの検証・修正・変換の精度や、処理速度の向上を図ると同時に、多様なニーズに応えられる新たな技術を開発することで、CADの周辺分野を中心とした新たな顧客層へのソリューション提供を目指すとしている。

関連キーワード

CAD | CAE(Computer Aided Engineering) | 設計


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.