ニュース
» 2015年12月01日 17時07分 UPDATE

その名は「フォルフェウス」、オムロンがロボットに命名

オムロンがCEATEC JAPANなどに出展してきた「卓球ロボット」の正式名称が、「FORPHEUS(フォルフェウス)」に決定した。“Future Omron Robotics technology for Exploring Possibility of Harmonized aUtomation with Sinic theoretics”の頭文字を取った。

[渡邊宏,MONOist]

 オムロンがCEATEC JAPANなどに出展してきた「卓球ロボット」。初のお披露目となったCEATEC JAPAN 2014ではロボットそのものを製造しているわけではない同社がなぜ「ロボット」で「卓球」なのか話題となり、翌年のCEATEC JAPAN 2015では“人に寄り添う”から“人を支援する”ロボットへと進化した。

 その正式名称が「FORPHEUS(フォルフェウス)」に決定した。

「FORPHEUS(フォルフェウス)」 正式名称が「FORPHEUS(フォルフェウス)」と決定した、オムロンの卓球ロボット(CEATEC JAPAN 2015同社ブースにて撮影)

 名称は寄せられた2445件の名称候補から、「人と機械の融和や卓球ロボットのコンセプトと親和性が高いこと」「グローバルに通用すること」などの審査基準を元に3候補に絞り込み、同社の全グローバル社員を対象とした投票にて決定した。

 「FORPHEUS」は“Future Omron Robotics technology for Exploring Possibility of Harmonized aUtomation with Sinic theoretics”の頭文字を取った造語。人間の創造性を象徴するギリシャ神話の吟遊詩人「ORPHEUS」へ向かう(「FOR」)の読みを与えることで、人間の創造性に向かっていく同社の姿勢も表すとしている。

hi_om02.jpg

 FORPHEUSは2015年12月2日より開催される展示会「システムコントロールフェア2015」の同社ブースにて、“人と機械の新たな関係性”を象徴する体験型デモを実施する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.