ニュース
» 2015年12月04日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:画像検査プログラムを自動生成する技術を開発、開発時間を約5分の1に削減

富士通研究所は、生産ラインにおける部品実装や外観の不良を自動判定する画像検査プログラムを、短時間で自動生成する技術を開発した。

[MONOist]

 富士通研究所は2015年11月18日、電子機器などの生産ラインで、部品実装や外観の不良をカメラ画像から自動判定する画像検査プログラムを、短時間で自動生成する技術を開発したと発表した。

 これまで同社は、直線・円などの基本形状の認識に対応した画像処理プログラムの自動生成技術を開発し、部品実装や製品組み立て時の位置合せに利用してきた。今回、同技術のプログラムの生成方法と評価方法を改良し、検査工程の画像処理プログラムを自動生成する技術を開発した。

 新たに開発された技術では、事前登録した複雑な形状の部品画像と基板全体の画像との照合方法を学習し、生産ラインの撮影画像に対して適用することで、部品の位置ズレの高精度な判定を可能にした。また、複数のパターンの部品画像から、明るさや線の向きなどの画像の特徴を認識し、良・不良を判定することで不良品を識別できる。

 画像処理プログラムには、富士通のAI技術「Human Centric AI Zinrai(ジンライ)」を活用。検査プログラムを人手で開発する場合に比べ、開発時間を約5分の1に削減でき、生産ラインの早期立ち上げや仕様変更への迅速な対応が可能になる。さらに、高精度でばらつきの少ない自動検査が可能になることで、製品品質の安定化にもつながるという。

 同社では今後、製品の組み立てと検査工程における検査プログラムの高性能化を進め、2015年度中の実用化を目指すとしている。

photo 任意図形認識のプログラム構造と最適化
photo 不良判定処理のプログラム構造と最適化

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.