ニュース
» 2015年12月07日 07時00分 UPDATE

FAニュース:加工速度が最大40%向上した自動車部品の金型加工用形彫放電加工機を発売

三菱電機は、自動車部品の金型加工用形彫放電加工機「EA12PS」を発売した。独自のジャンプ抑制機能を搭載し、同社従来機に比べて加工速度が最大40%向上するという。

[MONOist]

 三菱電機は2015年11月25日、加工速度が従来比最大40%向上した、形彫放電加工機「EA12PS」を発売した。同社の形彫放電加工機「EA-PS」シリーズの新製品で、自動車部品の金型加工に対応する。

 EA12PSは、同社独自のジャンプ抑制機能「SS JUMP」により、毎分25mの移動を1.6Gの高加速度で可能にした。これにより同社従来機に比べ、加工速度が最大で40%向上するという。

 また、新たに開発した微細仕上げ電源「FP-PS電源」を搭載し、面粗さはRa(算術平均粗さ)0.05μm。グラファイト電極を使った鋼材加工では、最大で毎分4.5gの高速荒加工を可能にした。難削材加工回路を標準で搭載するため、金型加工のほか、工具の部品加工などにも対応できる。

 さらに、熱変位補正機能、「見える化モニター」、Z軸冷却機構で熱変位を抑制する「サーマルバスター」を標準で搭載。高精度加工の障害となる熱変位を最小限に抑えた。同社のNC制御機器、サーボ制御技術、高精度駆動部品も搭載しており、±3μmのピッチ加工精度を保証している。独自の適応制御機能「IDPM」により、グラファイト電極加工に加えて高品位の銅電極にも対応する。

 サイズは幅1725×2130×2420mmで、軸移動量はX軸400×Y軸300×Z軸300mm。価格は1650万円(税別)で、2016年度中に200台の販売を目指す。

photo 形彫放電加工機「EA12PS」

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

金型 | 自動車 | 三菱電機 | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.