ニュース
» 2015年12月08日 07時00分 UPDATE

FAニュース:自動車生産ライン向け摩擦攪拌接合ロボットを開発、200kg可搬クラスに対応

日立パワーソリューションズとトライエンジニアリングは共同で、多関節ロボットを用いた摩擦攪拌接合ロボットを開発した。アルミなどの薄肉材料の接合に対応し、自動車生産ラインへの導入を目指す。

[MONOist]

 日立パワーソリューションズは2015年11月25日、トライエンジニアリングと共同で、多関節ロボットを用いた摩擦攪拌接合(FSW)ロボットを開発したと発表した。アルミなどの薄肉材料の接合に対応するもので、今後、自動車生産ラインへの導入を目指す。

 FSWは、接合ツールの回転で発生する摩擦熱で被接合材料を軟化させ、かき混ぜることで接合する技術だ。従来の溶融溶接や抵抗溶接に比べて接合強度が強く、接合変形や内部欠陥が少ない接合ができる。同社では、この技術を取り入れたFSW装置を販売しているが、今回、同社のFSWの技術とトライエンジニアリングのロボット制御技術を融合させ、複雑な曲面でも摩擦攪拌接合が可能なFSWロボットを開発した。同社のトルク制御技術により、接合ツールの被接合材に対する挿入深さを一定に保つことで、高品質の接合が可能になるという。

 また、6軸多関節ロボットとロボット制御技術を組み合わせたことで、自動生産ラインに適した200kg可搬クラスロボットでのシステム構築が可能。複数台のインライン化により、作業時間を短縮できる。既存ラインへも適当が可能だ。

 さらに、先端ツールが自動で交換できる機能をオプションで備えた。これにより、接合時に発生した突起物の除去や加工作業にも対応できる。

 発売は2016年4月の予定。2015年12月2日から東京ビッグサイトで開催される「2015国際ロボット展」に出展する。

photo ロボットFSWの外観

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.