ニュース
» 2015年12月08日 10時00分 UPDATE

SCF2015:センサーで現場を4.0へ、ドイツ発の「SmartBridge」

ドイツの工業用センサーメーカーPEPPERL+FUCHSの日本法人であるピーアンドエフは、オートメーション技術の展示会「システムコントロールフェア 2015」)で、IO-Link対応のセンサーで取得したデータや機器のパラメータ情報などを、スマートフォンやタブレット端末で閲覧できるアダプター「SmartBridge」を参考出展した。

[陰山遼将,MONOist]

 ピーアンドエフはオートメーション技術の展示会「システムコントロールフェア(SCF)2015」(2015年12月2〜4日、東京ビッグサイト)において、IO-Link対応のセンサーで取得したデータや機器のパラメータ情報などを、スマートフォンやタブレット端末で閲覧できるアダプター「SmartBridge(スマートブリッジ)」を参考出展した。

 同社はドイツの工業用センサーメーカーであるPEPPERL+FUCHSの日本法人。PEPPERL+FUCHSはプロセス系産業向けの防爆関連製品を手掛ける他、センサー関連技術を強みにドイツの国家プロジェクトであるインダストリー4.0にも参画している。

rk_151207_smart01.jpg ピーアンドエフが展示した「SmartBridge」(クリックで拡大)

 参考出展したSmartBridgeは、IO-Link対応のセンサーとコントローラーをつなぐケーブルの間に接続して使用する。これによりセンサーから取得した情報を、SmartBridgeに内蔵のBluetoothで接続したタブレット端末などに送信し、アプリケーション上から確認することができる。

rk_151207_smart02.jpgrk_151207_smart03.jpg 「SmartBridge」の接続イメージ(左)と展示ブースの様子。展示では超音波センサーを接続して、台座までの距離を測定していた(クリックで拡大)

 例えば超音波センサーで距離を測定している場合、正しく測定できているかなどをすぐに現場で確認できる。センサーの測定値が変化した場合でも、タブレット端末上の情報はリアルタイム更新される。「従来こうしたセンサーによる測定値は、わざわざ制御室まで戻らないと確認できないことが多かった。SmartBridgeを導入すればこうした手間を省き、生産管理やメンテナンスの効率化に貢献できる。日本での発売時期は現時点では未定」(ブース担当者)。

rk_151207_smart04.jpg 超音波センサーで計測したデータを、タブレット端末上でリアルタイムで確認できる(クリックで拡大)

システムコントロールフェア2015 (SCF 2015)特集

SCF 2015特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.