ニュース
» 2015年12月08日 16時25分 UPDATE

クラウドからマイクロコントローラーまで、ルネサスがIoT開発を加速させるプラットフォーム

ルネサス エレクトロニクスがIoT製品など組み込み開発をトータルサポートする「Renesas Synergyプラットフォーム」の国内提供を開始した。

[渡邊宏,MONOist]

 ルネサス エレクトロニクスは2015年12月8日、IoT製品などの組み込み開発をトータルでサポートする「Renesas Synergyプラットフォーム」の国内提供を開始した。ソフトウェアや開発環境を入手できるクラウドも用意され、HMI向けサンプルも販売開始される。

 このプラットフォームは動作保証されたソフトウェアパッケージとマイクロコントローラー、開発環境、開発例(ソリューション)」、ライセンスやマニュアルの提供などをおこなうクラウドで構成されており、本プラットフォームの利用により、開発期間の短縮やコスト削減が可能となる。

「Renesas Synergyプラットフォーム」の構成 「Renesas Synergyプラットフォーム」の構成

 ソフトウェアパッケージはRTOSと各種ネットワーク/デバイススタック、ファイルシステム、GUIライブラリ、アプリケーションフレームワークなどから構成されており、加えて、同社およびパートナー企業よりスタックやアルゴリズムなどの各種アドオンも提供される予定となっている。

 同社からは本プラットフォーム用MCUが4種類提供され(コアはCortex-M0+ベースとCortex-M4ベース)、これらを実装した開発ボードも用意される。開発ボードはスタンダード版といえる「SK-S7G2」の他、タッチパネル液晶とカメラを備えた「DK-S7G2」、セグメントLCDを備えた「DK-S3A7」も用意される。加えて、Eclipseベースの統合開発環境も無償提供される。

photo S7G2を搭載した「SK-S7G2」

 また、最終製品の開発例やアプリケーションの応用例は「ソリューション」として公開される。ソリューションではレファレンスコードの他、部品選定や回路設計など開発の詳細も公開される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.