ニュース
» 2015年12月09日 07時00分 UPDATE

3Dプリンタニュース:RS、「DesignSpark Mechanical」の拡張モジュールと3Dプリンタをセット販売

アールエスコンポーネンツは、ムトーエンジニアリング製パーソナル3Dプリンタ「MF-500」と、同社の無償3次元CADツール「DesignSpark Mechanical」の拡張モジュール「Exchange」および「Drawing」を組み合わせた「3Dプリンターセット」の販売開始を発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 アールエスコンポーネンツは2015年12月7日、ムトーエンジニアリング製パーソナル3Dプリンタ「MF-500」と、同社の無償3次元CADツール「DesignSpark Mechanical」の拡張モジュール「Exchange」および「Drawing」を組み合わせた「3Dプリンターセット」の販売開始を発表した。

アールエスコンポーネンツが提供を開始する「3Dプリンターセット」 アールエスコンポーネンツが提供を開始する「3Dプリンターセット」(出典:アールエスコンポーネンツ) ※画像クリックで拡大表示

 MF-500は、本体外形寸法が280×242×352mmとコンパクトで、卓上サイズを実現するパーソナル3Dプリンタである。最小積層ピッチは0.05mmで、最大造形サイズは100×100×100mm。ムトーエンジニアリングが独自開発したプリントヘッドや高精度な駆動部品の採用により、積層制御の安定操作を実現する。さらに、造形物を素早く冷ます冷却ファンを組み込んでおり、国産ならではのきめ細やかな出力が可能であるという(関連記事:卓上サイズの国産3Dプリンタ「MF-500」の取り扱い開始)。

 DesignSpark Mechanicalの拡張モジュールであるExchangeは、業界標準の3次元ファイル形式「STEP」「IGES」のインポート/エクスポートに対応し、DesignSpark Mechanical上での形状編集を実現する拡張モジュール。これにより、「SOLIDWORKS」「CATIA」「Pro/ENGINEER」「AutoCAD」などの他社製3次元CADとの設計データの受け渡しが可能となる。一方のDrawingは、DesignSpark Mechanicalで作成した3次元モデルを基に、2次元図面の作成・編集が行える拡張モジュールだ。JIS、ISO、ANSI規格に準拠し、幾何公差や注記、引き出し線などの詳細な注釈入り図面の作成が行えるという(関連記事:無償3次元CAD「DesignSpark Mechanical」用拡張モジュール)。

 3Dプリンターセットの販売価格(税別)は17万5700円。各製品を単体で購入した場合、MF-500が8万5451円で、ExchangeおよびDrawingは各9万9800円である(ExchangeとDrawingのセット版は12万4700円)。

ほしい3Dデータ、お気に入りのクリエータがきっと見つかる!!

3Dデータの閲覧やダウンロード、クリエータとの交流が全て無料で楽しめる! 3Dデータ共有コミュニティー「3Dモデラボ

3Dモデラボ

≫↑↑↑ 3Dデータはコチラ ↑↑↑≪


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.