ニュース
» 2015年12月10日 08時00分 UPDATE

医療技術ニュース:幸福を客観的に評価・比較できる手掛かりとなるか

京都大学は、主観的幸福の構造的神経基盤を明らかにしたと発表した。磁気共鳴画像(MRI)と質問紙回答との関係を調べた結果、右半球の楔前部の灰白質体積と主観的幸福の間に、正の関係があることが示された。

[MONOist]

 京都大学は2015年11月20日、同大医学研究科の佐藤弥特定准教授らの研究グループが、主観的幸福の構造的神経基盤を明らかにしたと発表した。成果は同日、英科学誌「Scientific Reports」電子版に掲載された。

 心理学研究では、主観的幸福が質問紙で安定して計測できること、感情成分(快を多く不快を少なく感じること)と認知成分(人生を良いものと評価すること)から構成されることを示してきた。しかし、主観的幸福が、脳内のどこにどのように表現されているのかという神経基盤は不明だった。

 同研究グループは、磁気共鳴画像(MRI)と質問紙の回答との関係に注目。まずは成人を対象として、MRIで脳の構造(神経細胞の存在する灰白質の体積)を計測した。さらに、質問紙で、主観的幸福とその感情成分とされる快感情強度および不快感情強度、認知成分とされる人生の目的(生きる意味)を調査した。

 脳構造と質問紙評定の対応を解析した結果、右半球の楔前部(頭頂葉の内側面にある領域)の灰白質体積と主観的幸福の間に、正の関係があることが示された。つまり、より強く幸福を感じる人は、この領域が大きいことを意味する。また、同じ右楔前部の領域が、快感情強度・不快感情強度・人生の目的の統合指標と関係することが示された。つまり、ポジティブな感情を強く感じ、ネガティブな感情を弱く感じ、人生の意味を見いだしやすい人は、この領域が大きいことを意味する。

 これらの結果から、幸福は、楔前部で感情的・認知的な情報が統合されて生み出される主観的経験であることが示唆される。

 今回の結果は、幸福という主観的な経験を、客観的・科学的に調べることができることを示す。今後、異なる文化間などの主観的評価の比較が難しい場合にも、幸福を客観的に評価・比較できる可能性があるという。また、瞑想トレーニングが楔前部の体積を変えるといった知見と併せることで、科学的データに裏打ちされた幸福増進プログラムを作るなどの展開が期待されるとしている。

photo 右楔前部と主観的幸福の間に示された正の関係。左図は脳の領域を指す。右図は体積と主観的幸福の関係を示す散布図

関連キーワード

感情 | | 評価 | 比較 | 京都大学 | 医療技術 | 心理学


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.