ニュース
» 2015年12月11日 09時00分 UPDATE

製造IT導入事例:920MHz帯無線の特性を生かした、AGVの遠隔制御システムを納入

沖電気工業は、同社の「920MHz帯マルチホップ無線ユニット」が、日産の栃木工場に無人搬送車の遠隔制御システムとして採用されたと発表した。

[MONOist]

 沖電気工業(OKI)は2015年11月25日、日産自動車の栃木工場に、低速移動体に対応した「920MHz帯マルチホップ無線ユニット」を納入したと発表した。

 日産栃木工場では、約80台の無人搬送車(Automatic Guided Vehicle:AGV)が工場内で稼働している。その稼働状態をリアルタイムで把握することは困難で、運用に手間がかかるため、AGVを一元的に監視・制御できるシステムの導入を検討していた。

 OKIの920MHz帯マルチホップ無線ユニットは、障害物が多い工場内でも電波が回り込んで通信できる920MHz帯無線の特性を有しており、少ない中継機でシステムを構築できることや広い工場内でも安定して通信ができる信頼性が評価され、採用が決定した。なお、本システムは2015年4月より運用を開始している。

 同無線ユニットは個々のAGVに搭載されており、工場内に設置した28台の中継機を経由することで、安定した高信頼の無線通信が可能になる。中継機の台数が従来システムと比べて4分の1に抑えられ、導入時のコストも削減した。同工場では今後、工場内で稼働する他の移動機器の遠隔監視制御システムや、工場内のセンサー監視システムなどへも920MHz帯マルチホップ無線の適用を検討する予定だ。

 OKIは今後、920MHz帯マルチホップ無線を軸とした商品ラインアップを強化し、IoT(モノのインターネット)市場の多様なニーズへ対応した各種ソリューションを積極的に提供していくという。

photo システム構成例

関連キーワード

工場 | 沖電気工業 | IoT | 製造IT導入事例


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.