ニュース
» 2015年12月11日 18時00分 UPDATE

自動運転技術:デンソーが人工知能技術を強化、画像処理ベンチャーのモルフォと提携

デンソーは、スマートフォン内蔵カメラ向けなどに画像処理ソフトウェアを提供するベンチャー企業のモルフォと提携する。画像処理技術と、人工知能関連技術として注目されているディープラーニングを使った画像認識技術の共同開発を進める計画だ。

[朴尚洙,MONOist]

 デンソーは2015年12月11日、スマートフォン内蔵カメラ向けなどに画像処理ソフトウェアを提供するベンチャー企業のモルフォと提携すると発表した。画像処理技術と、人工知能関連技術として注目されているディープラーニングを使った画像認識技術の共同開発を進める。

 両社の信頼関係を構築し、協業を確実に進めるため、第三者割当増資によってデンソーがモルフォの発行する株式を取得する。取得する株式数は26万1800株で、デンソーの持ち株比率は5%となる。モルフォ社長の平賀督基氏に次ぐ第2位の大株主となり、これまで第3位だったNTTドコモの3.44%(増資後の比率)を上回ることになる。

 今回のデンソーの株式取得金額は約12億円。モルフォは取得した資金の使途を示しており、12億円のうち9億5000万円は車載機器向け応用技術の研究開発投資となっている(使用期間は2016年1月〜2020年12月)。

 モルフォは研究内容について、「人や障害物の認識が可能な画像認識技術および写真ビデオ撮影における手ブレ補正などの画像処理技術を車載機器に応用するもので、主なものとして人間の脳の構造を模して機械に情報を学習させる技術であるディープラーニングを利用した新しい画像認識技術を使い、自動車のドアミラーやバックミラーを車載カメラの映像で代替させる電子ミラーの開発などを想定」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.