ニュース
» 2015年12月14日 06時00分 公開

材料技術:フロントガラス全面がヘッドアップディスプレイに!? 積水化学が新素材

積水化学工業は、フロントガラス全面にヘッドアップディスプレイ(HUD)の表示を投影できる合わせガラス用中間膜を開発した。透明度が高い発光材料を中間膜に採用し、プロジェクターのレーザーが当たると中間膜が発光するようにした。小さい投影ユニットでもHUDの表示面積を大型化できる

[齊藤由希,MONOist]

 積水化学工業は、「エコプロダクツ2015」(2015年12月10〜12日、東京ビッグサイト)において、フロントガラス全体にヘッドアップディスプレイ(HUD)を表示可能にする合わせガラス用の「自発光中間膜」を展示した。HUDのレーザー光源が当たると発光する新開発の発光材料が中間膜に含まれており、小型の光源ユニットでも大画面で視認性の高い情報表示ができる。HUDの消費電力低減にも貢献する。2018年の市場投入を目指す。

新開発の合わせガラス用中間膜にHUDを投影した様子。右上の赤丸で囲んだ緑の警告表示は中間膜の発光によるもの。左下にある青丸で囲だ表示は従来のHUD。表示サイズの違いが良く分かる 新開発の合わせガラス用中間膜にHUDを投影した様子。右上の赤丸で囲んだ緑の警告表示は中間膜の発光によるもの。左下にある青丸で囲だ表示は従来のHUD。表示サイズの違いが良く分かる(クリックして拡大)

 HUDは、少ない視線移動で運転中に必要な情報を確認できることから搭載が広がっている。情報量の増加に対応するため、HUDの表示面積を大型化できる中間膜を開発した。

 現在量産されているHUDは、プロジェクターからフロントガラスに表示を投影して、車両前方に虚像が見えるようにするものが多い。ドライバーの視点によっては表示がぶれたり、見えにくくなったりするという課題がある。

 展示した中間膜は、発光材料が光ってフロントガラスそのものに情報が投影されるため、虚像に比べて視認性が高い。また、ダッシュボードに埋め込むHUDの投影ユニットを大型化せずにフロントガラス全面に表示することも可能になる。

自発光中間膜の概要 自発光中間膜の概要 (クリックして拡大) 出典:積水化学工業

 中間膜に使用した発光材料は「透明度が高く、一定以上の明るさで発光する」(同社の説明員)ことを目指して新規に開発したもの。車載用以外にも、幅広い用途に提案していく。紫外線の遮断や遮熱など既存の合わせガラス用中間膜の機能とも併用できる。

他の表示1他の表示2 文字やイラストがくっきりと表示される (クリックして拡大)

 新開発の中間膜では奥行きや立体感のある表示には対応できない。そのため会場では虚像を投影するHUDと中間膜によるフロントガラスへの表示を併用する形で展示していた。

 また、現状では青、赤、緑など単色での表示しかできないため、量産に向けてフルカラー化に取り組む。昼間や逆光の中での輝度の確保も課題となりそうだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.