ニュース
» 2015年12月14日 07時00分 UPDATE

FAニュース:高速・高精度な小型ロボットシリーズとコントローラーを開発

安川電機は、可搬質量4〜24kgに対応する小型ロボット「MOTOMAN-GP」シリーズと、世界各地の電圧・安全規格・仕様に対応したロボットコントローラー「YRC1000」を開発した。

[MONOist]

 安川電機は2015年12月1日、可搬質量4〜24kgに対応する小型ロボット「MOTOMAN-GP」シリーズを開発したと発表した。同時に、世界各地の電圧・安全規格・仕様に対応したロボットコントローラー「YRC1000」も開発した。

 MOTOMAN-GPシリーズは、従来の最高速度制限を撤廃し、加減速制御を改善することで、加減速時間を大幅に短縮した。また、新しい軌跡制御を採用し、軌跡誤差を同社従来機に比べて80%低減。これにより、テスト運転・プレイバック時も同一軌跡で動作できる。

 アーム部分には周辺機器との干渉が少ないスリムアームを搭載し、広い動作範囲を可能にした。給電ケーブルは1本のため、セットアップ時間を短縮できる。断線時には、プログラミングペンダント上で異常箇所を瞬時に表示するなど、高いメンテナンス性も備えた。

 主に、自動車・機械関連部品、携帯電話、PC関連、家電機器などの組み立て・搬送・研磨用途に対応し、発売は2016年6月の予定だ。

photo 「MOTOMAN-GP8」と「YRC1000」コントローラー

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.