ニュース
» 2015年12月16日 07時00分 UPDATE

FAニュース:従来比5倍以上の応答速度を備えた近接覚センサーを開発

日本精工は、物体までの距離と位置を広範囲・高速で検出する、近接覚センサーを開発した。ロボットが人に接近したことを確実に検出し、人に触れる前に動作速度を下げて停止できる。

[MONOist]

 日本精工は2015年12月1日、物体までの距離と位置を広範囲・高速で検出する、近接覚センサーを開発したと発表した。主に、FA/サービスなどのロボットや工場の生産ライン、工場内の自動搬送車などの用途に向ける。

 新たに開発された近接覚センサーは、短冊形状のフレキシブルプリント基板上に赤外線LEDセンサーをアレイ状に配置。これらのセンサーから出力された情報により、物体の形状を把握し、物体までの距離と位置を広範囲・高速で検出できる。

 応答速度は従来比5倍以上で、ロボットが人に接近したことを確実に検出するため、ロボットが人に触れる前に動作速度を下げて停止できる。ロボットの動作速度制限や停止など、状況に応じた制御も可能だ。

 また、柔軟性の高い基板を使用し、各種形状のロボットアームや生産ライン設備に容易に取り付けることができる。検出距離は0〜300mmで死角がなく、同様の機能を持つ超音波センサー、レーザーレンジセンサーでは難しかった、産業用ロボットなどで重要となる近傍付近の検出を可能にした。

photo
photo
photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.