ニュース
» 2015年12月16日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:SaaS型のクラウド分析ソリューションを発表

SAPジャパンは、分析機能を1つにまとめたSaaS型のクラウド分析ソリューション「SAP Cloud for Analytics」の提供を開始したと発表した。

[MONOist]

 SAPジャパンは2015年12月1日、全ての分析機能を1つにまとめたSaaS型のクラウド分析ソリューション「SAP Cloud for Analytics」の提供を開始したと発表した。同ソリューションにより企業の従業員は、パフォーマンスを追跡し、ビジネスの傾向を予測・分析した確かな情報に基づく意思決定が可能になるという。

 SAP Cloud for Analyticsは、同社のインメモリデータベース「SAP HANA Cloud Platform」でネイティブに構築され、企業全体のパフォーマンスを把握するデジタルダッシュボードや計画・予測・ビジネスインテリジェンス(BI)の機能を、1つのアナリティクスエクスペリエンスとして提供する。

 ソリューションを構成するコンポーネントには、「SAP Digital Boardroom」「SAP Cloud for Analytics for BI」「SAP Cloud for Analytics for Planning」の機能を統合。SAP Digital Boardroomは、財務、SCM、営業などに関する標準技術ベースのレポートを単一のデータソースとしてリアルタイムで表示できる。また、SAP Cloud for Analytics for BIは、ビジネスユーザーがビッグデータやスモールデータなどのさまざまなデータにアクセスし、データの抽出・整理・結合を実行できる。さらに、SAP Cloud for Analytics for Planningでは、財務担当者や事業部門のアナリストが相互接続された計画モデルの構築、データ分析、業績向上に向けたコラボレーションをより簡単に実行可能になるという。

 同社では今後、SAP Cloud for Analyticsを「SAP SuccessFactors」「SAP hybris Marketing」などのソリューションに組み込む予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.