ニュース
» 2015年12月17日 07時00分 UPDATE

FAニュース:メガネ型端末で、遠隔地から現場へ作業支援

富士電機は、現場作業者のウェアラブル端末を使用し、遠隔地からインターネットを通じて作業の支援・指導ができる「ウェアラブル型遠隔作業支援パッケージ」を発売した。

[MONOist]

 富士電機は2015年12月1日、現場作業者のウェアラブル端末を使用し、遠隔地からインターネット通じて作業の支援や指導ができる「ウェアラブル型遠隔作業支援パッケージ」を発売した。

 現場の作業者が装着するメガネ型のウェアラブル端末と、遠隔地の支援者側拠点(本部)をインターネットで接続し、本部から作業者へ支援・指導が可能。同社が独自開発したソフトウェアにより、本部の熟練技術者から直接指示したり、作業状況をリアルタイムで確認できるため、作業の品質向上や効率化、技術伝承に貢献するという。

 同パッケージには「スタンダード版」と「プレミアム版」が用意されており、スタンダード版は本部PCとウェアラブル端末との双方向通話やカメラ画像のリアルタイム転送、本部PCからウェアラブル端末へのコメント送信が可能だ。

 プレミアム版では、事前に登録した作業項目を、手順に沿って作業者のウェアラブル端末に投影表示する機能や、音声認識により作業内容を記録し作業報告書をクラウド上に自動生成する機能も備えた。また、スタンダード版/プレミアム版とも、作業結果はリアルタイムでクラウドサーバ内に実績データとして一元管理するため、必要な時にいつでも参照・共有できる。

 端末の形態は、現在のメガネ型に加えて、2016年3月にはタブレット型、同年9月にはスマートフォン型も発売される予定だ。

photo 支援パッケージを用いた現場作業と本部支援イメージ
photo 【参考】支援パッケージの構成

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.