ニュース
» 2015年12月18日 07時00分 UPDATE

FAニュース:GaNパワー半導体を搭載したアンプ内蔵サーボモータを開発

安川電機は、サーボドライブシステムのサーボモータとサーボパック機能を一体化し、GaNパワー半導体搭載のアンプ内蔵サーボモータを開発した。

[MONOist]

 安川電機は2015年11月26日、GaNパワー半導体を搭載した、アンプ内蔵サーボモータを発表した。サーボモータとサーボパック機能を一体化し、サーボドライブシステムの小型化・高効率化を可能にしたという。

 モータからの振動や熱が直接アンプ部に伝わるアンプ内蔵サーボモータには、振動の影響を抑え、効率良く冷却する構造が必要とされる。今回同社では、サーボモータに低損失動作や高速スイッチングを可能とするGaN(Gallium nitride:窒化ガリウム)パワー半導体を採用。その特性を生かし、冷却器や内蔵受動部品の小型・高効率化を成功させた。サーボパックのアンプ部(コンバータ部などは除く)を大幅に小型化したことで、体積比が従来のサーボパックアンプ部の1/4に低減。設備の小型化、省配線による配線費用の削減にも貢献するという。

 主な仕様は、入力電圧が280Vdc、定格出力が100W、定格トルク0.318N・m、定格回転速度が3000min-1、瞬時最大トルク1.11N・m、最高回転速度が6000min-1。サイズは130×40×40mmとなる。また1回転内24bit絶対値エンコーダおよび通信機能を搭載している。

 同社では、2017年までに製品化を目指すとしている。

photo アンプ内蔵サーボモータと現製品であるサーボモータ+サーボパック
photo 現製品サーボシステムとアンプ内蔵サーボモータ使用時のシステムの違い(8軸接続時)

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

GaN | パワー半導体 | 安川電機 | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.