ニュース
» 2015年12月18日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:紛争鉱物の調査・回答業務を効率化するソフトウェアを発売

NECは、製品に含まれる紛争鉱物の調査・回答業務を効率化するソフトウェア「ProChemist/BM 紛争鉱物対応オプション」を発売した。

[MONOist]

 NECは2015年12月7日、製品に含まれる紛争鉱物(タンタル・スズ・金・タングステン)の調査・回答業務を効率化するソフトウェア「ProChemist/BM 紛争鉱物対応オプション」を発売した。

 紛争鉱物とは、紛争が絶えないコンゴ民主共和国および周辺国で産出される、タンタル・スズ・金・タングステンの4鉱物。非人道的行為を行う武装集団の資金源を絶つため、米国の金融規制改革法により、米国上場企業には自社製品への紛争鉱物の使用状況報告が義務づけられている。米国非上場企業であっても、顧客企業からの調査依頼に対応する必要があり、調査・回答業務の効率化が求められていた。

 今回の新製品は、同社の含有化学物質管理ソフトウェア「ProChemist/BM」を基盤に、紛争鉱物の調査・回答業務を支援する機能を新たに追加したもの。

 調査対象となる製品の一覧リストを登録すれば、各製品を構成する部品情報に自動的に展開・表示される。各部品について紛争鉱物と含有化学物質両方の調査状況を一元的に確認できるので、調達先へ調査依頼する際の情報登録や管理の効率化につながる。

 また、標準帳票として調査で用いる紛争鉱物報告テンプレート「CMRT(Conflict Minerals Reporting Template)」のうち、調査結果申告シートについて、回答内容の組み合わせを自動チェックし、組み合わせが正しい「CMRT」のみを登録する機能を提供。さらに、調達先から部品単位に収集した回答内容を顧客企業単位に名寄せして「CMRT」を出力することもできる。これによって、回答内容の不備に伴うデータ修正や調達先への再依頼といった後戻り作業が軽減し、顧客企業からの調査依頼に対する回答作業も効率化できる。

 価格は200万円(税別)。新製品の利用には別途「ProChemist/BM」の導入が必要となる。今後3年間で200社への販売を目標としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.