ニュース
» 2015年12月21日 07時00分 UPDATE

FAニュース:ファイバー2次元レーザー加工機6種を発売

三菱電機は、ファイバー2次元レーザー加工機の新製品6機種を2016年1月29日に発売する。6kWファイバーレーザー発振器を搭載し、軟鋼16mm厚の加工速度を従来機の1.4倍に高速化することで、加工時間を33%短縮した。

[MONOist]

 三菱電機は2015年12月3日、ファイバー2次元レーザー加工機の新製品として、レーザー出力6kWの「ML3015NX-F60/ML3015eX-F60/ML4020RX-F60/ML6030XL-F60」、2kWの「ML3015SR-F20」、4kWの「ML4020RX-F40」の6機種を発表した。2016年1月29日に発売の予定で、同社では今後、従来の機種と合わせ、出力・ワークサイズ別の10機種で事業を展開していく。

 新製品では、ML3015SR-F20を除く5機種で、加工ヘッド「ズームヘッド」を搭載している(ML4020RX-F40はオプション)。これにより、異なる材質・板厚でも連続加工を可能にした。また、「マグネットダメージ軽減機能」を搭載したことで(ML3015NX-F60を除く)、加工ヘッド衝突時の安全性が向上している。

 さらに、ML3015NX-F60/ML3015eX-F60/ML4020RX-F60/ML6030XL-F60では、6kWファイバーレーザー発振器を搭載。軟鋼16mm厚の加工速度を従来機の1.4倍に高速化することで加工時間を33%短縮し、ランニングコストを14%削減するという。最大加工板厚は、ステンレス材25mm厚、アルミニウム材25mm厚に対応。加えて、高速レーザー切断技術「F-CUT」の搭載により、軟鋼9mm厚の加工時間を35%短縮したという。

 2kW出力のML3015SR-F20では、高速レーザー切断技術「F-CUT」を薄板から中厚板まで適用し、軟鋼6mm厚の加工時間を最大35%短縮している。独自の加工技術により、2kWファイバーレーザー加工機でありながら、軟鋼25mm厚の切断を可能にした。

photo ML3015eX-F60
photo ML4020RX-F40
photo ML3015SR-F20

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.