ニュース
» 2015年12月21日 11時15分 UPDATE

「Wi-SUN HAN」試験サービス、テュフ ラインランドが提供

Wi-SUN HAN(Home Area Network)プロファイルの試験および相互接続試験サービスを、テュフ ラインランド ジャパンが提供開始した。

[渡邊宏,MONOist]

 日本発の無線規格としてスマートメーターやHEMSなどへの採用が見込まれている「Wi-SUN」。その新規格であるホームエリアネットワーク「HAN」(Home Area Network)のプロトコル試験ならびに相互接続試験サービスをテュフ ラインランド ジャパンが提供開始した。

 既に同社では「Bルート」と呼ばれるスマートメーターとHEMS機器のWi-SUN無線適合試験やWi-SUNプロトコル/相互接続試験サービスを提供しているが、加えてHANのプロトコル/相互接続試験サービスを提供することにより、スマートメーターやHEMS機器の普及を後押しする。

 Wi-SUNはIEEE802.15.4g規格を最下層(レイヤー1)のプロトコルベースとすることを定めているが、その上のプロトコルについてはアプリケーションにとって異なり、用途に応じたプロトコルセット(スタック)を「Wi-SUNプロファイル」と呼ぶ。

 Wi-SUN HANはWi-SUNアライアンスがHEMS機器と家電接続するために策定した規格で、接続対象の家電としてはエアコン、照明、蓄電池など8種類を想定している。そのため、Bルートのプロファイルに比べて、複数家電に対する認証プロトコルと中継伝送サポートの拡張が行われている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.