ニュース
» 2015年12月24日 07時00分 UPDATE

FAニュース:取り付け角寸法28mmのコンパクトなアクチュエータを追加

オリエンタルモーターは、電動スライダ「EAS」シリーズと電動シリンダ「EAC」シリーズに、取り付け角寸法28mmのコンパクトなアクチュエータを追加した。

[MONOist]

 オリエンタルモーターは2015年12月7日、電動スライダ「EAS」シリーズと電動シリンダ「EAC」シリーズに、取り付け角寸法28mmのモータを搭載した、ストレートタイプを新たに追加した。

 装置の運転に必要なパラメータがあらかじめ設定されているため、装置の立ち上げ時間が短縮できる。また、モータケーブルの引き出し方向を4方向自由に変更することができ、さらにケーブルがモータ側面から出ているため、モータ後方のスペースが必要なくなり、省スペースでの設置が可能だ。制御方法は位置決め機能内蔵とパルス列入力の2つのタイプがある。

 電動スライダEASシリーズは、最大可搬重量が水平15kg、垂直5kg、ストロークが50〜300mm。センサーレール付きとレールなしのモデルが用意されており、ユニット価格はパルス列入力タイプが8万6300円から、位置決め機能内蔵タイプが9万1300円から。

 電動シリンダEACシリーズは、ねじ穴加工済みでシリンダに直接取り付けられる。最大可搬重量はシャフトガイドなしタイプが水平15kg、垂直5kgで、シャフトガイドカバー付きは水平15kg、垂直4.5kg。ストロークはいずれも50〜150mm。価格は一例としてガイドなしのパルス列入力タイプが7万3700円から。

photo 電動スライダ EASシリーズ
photo 電動シリンダ EACシリーズ

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FAニュース | ロボット | 省スペース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.