ニュース
» 2015年12月24日 12時00分 UPDATE

モータースポーツ:日産が「ル・マン」最高峰クラスから撤退、FF方式での参戦は1年で幕

日産自動車は、2016年シーズンのFIA世界耐久選手権の最高峰クラス・LMP1への参戦を取りやめると発表した。同社は2015年シーズンから参戦していたが、1年で撤退することとなった。

[朴尚洙,MONOist]

 日産自動車は2015年12月23日、2016年シーズンのFIA世界耐久選手権(FIA World Endurance Championships、WEC)のLMP1クラスへの参戦を取りやめると発表した。LMP1は、「ル・マン24時間耐久レース」などで知られるWECの最高峰クラス。同社は2015年シーズンから参戦していたが、1年で撤退することとなった。

2015年シーズンの「ル・マン24時間耐久レース」に参戦した日産チーム 2015年シーズンの「ル・マン24時間耐久レース」に参戦した日産チーム(クリックで拡大) 出典:日産自動車

 日産自動車が参戦していたのは、LMP1の中でも、ハイブリッドレースカーが対象となるLMP1-Hybrid。2015年のル・マンで勝利したPorsche(ポルシェ)やAudi(アウディ)、トヨタ自動車が参加していた。

 日産自動車は前輪駆動(FF)方式のハイブリッドシステムを採用した「革新的かつ大胆なコンセプトのマシンを開発」(同社)したものの、車両開発に注力するためWECの第1戦と第2戦は出場せず。第3戦のル・マンでは3台体制で出場したが、2台はリタイヤ、残りの1台もゴールはしたが周回数不足で完走扱いにならなかった。その後の第4戦以降は全て欠場していた。

日産自動車のル・マン参戦車両。21号車日産自動車のル・マン参戦車両。22号車日産自動車のル・マン参戦車両。23号車 日産自動車のル・マン参戦車両。左から21号車、22号車、23号車(クリックで拡大) 出典:日産自動車

 今回の参戦取りやめについて同社は、「チームは目指すパフォーマンスを実現するために懸命に開発を続けてきたが、今回、その目標を達成することは難しいと結論づけ、より長期的なレース戦略の策定に集中することを決定した」としている。

 日産自動車は、ル・マン24時間レースにおいて革新的で新しい技術を紹介する車両向けの「ガレージ56」枠を使い、2012年に「デルタウィング」、2014年に「ZEOD RC(Zero Emission On Demand Racing Car)」で参戦している。

 ZEOD RCでの参戦の際には「LMP1復帰に向けた一環」(同社)と宣言した上で、2015年シーズンの参戦車両「NISSAN GT-R LM NISMO」を米国のアメリカンフットボール・NFLの年間王者決定戦「スーパーボウル」のテレビCMで発表するなど、意気込みは強かった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>