ニュース
» 2015年12月25日 09時00分 UPDATE

製造IT導入事例:Predixプラットフォーム活用のソリューションで住設工事業務を最適化

GEとソフトバンクは、LIXILトータルサービスにPredixプラットフォームを活用したソリューションを導入すると発表した。煩雑な人員手配作業のノウハウを完全自動化し、業務作業の最適化を目指す。

[MONOist]

 GEとソフトバンクは2015年12月10日、両社が提供するPredixプラットフォームを用いて、LIXILの子会社であるLIXILトータルサービス向けに、戸建て住宅の浴室設置における施工員手配を効率化するソリューションを導入すると発表した。

 LIXILトータルサービスでは、住宅設備機器・建材の工事、リフォームやメンテナンスを実施している。施工の際には、これまで施工員の経験やスキルなどを熟知した専門のスタッフが、現場の住所や日程、商品内容などの諸条件を勘案しつつ、人員の調整や手配をしていた。

 同ソリューションは、Predixプラットフォームを基盤に、施工員の業務状況・結果などを電子化し、日々変化する実績状況を分析しながら、施工案件に最適な担当を効率的に導き出し自動で割り当てる。これにより、特別なノウハウがなくても誰でも迅速で適切な対処が可能になるため、専門スタッフはより付加価値の高い業務に専念できる。

 また、Predixの持つ分析機能により、日々の業務を通じて蓄積されたデータを進化させ、常に業務の進め方に最適な環境を創り出す。施工員手配の業務効率向上や、施工店・施工員への業務平準化が図られることで、施工スケジュールの遅延防止やコスト削減につながり、最終的には顧客満足度の向上を目指す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.