ニュース
» 2015年12月25日 11時00分 UPDATE

オートモーティブワールド2016 開催直前情報:“キャリブレーション”のイータスがクルマの制御やソフトウェアの開発も支える

イータスは「オートモーティブワールド2016」で、「これまで紹介しきれていなかった」(イータス)という車載制御機能や車載ソフトウェア開発を中心に、機能安全やセキュリティに対応したソリューションを展示する。

[齊藤由希,MONOist]

 2016年1月13〜15日の3日間、クルマの次世代技術の専門展示会である「オートモーティブワールド2016」が東京ビッグサイトで開催される。

 同展示会の開催に先立ち、アイティメディアが運営する「MONOist」では、オートモーティブワールド2016の特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい。

 さて、今回紹介するのはイータスだ。同社は、外資系でありながらも日本に深く根ざした企業として、日本の自動車業界の発展のために、技術情報の提供に積極的に努めている。オートモーティブワールド2016では、「車載組み込みソフトウェア開発の効率化ソリューション」をテーマに、車載システムの開発プロセスにおけるVサイクルの左側をサポートする新ソリューションや、機能安全とセキュリティ、コンサルティングサービスなどを紹介する。

 前回までのオートモーティブワールドでは同社のソリューション全体を紹介してきた。今回は、より来場者層に合わせた内容や、同社が市場に紹介しきれていない分野のソリューションに焦点を絞って展示し、車載制御機能およびソフトウェア開発の分野での強みを広くアピールする。

開発プロセス全般に向けたソリューションを提供 開発プロセス全般に向けたソリューションを提供 (クリックして拡大) 出典:イータス

車載制御機能とソフトウェアの開発に焦点

 オートモーティブワールド2016での見どころは4つだ。機能安全とセキュリティの課題を解決する「Safety&Securityソリューション」、テストとキャリブレーションの効率化を実現する新ソリューション「SCODE」、大量のツールや機材を必要としていたプロセスをPC1台で可能にする「AUTOSARスターターキット」を紹介。また、AUTOSARなどさまざまな課題や疑問に専門スタッフが答える「ソフトウェア開発よろず相談コーナー」も設ける。

大量のツールを集約した「AUTOSARスターターキット」 大量のツールを集約した「AUTOSARスターターキット」 (クリックして拡大) 出典:イータス

 また、展示会場内の特設会場で行われる製品・技術PRセミナーの1つとして、2016年1月13日16:20から「車載製品開発プロセス向けのサイバーセキュリティ対策」と題した講演を行う。

 2015年は自動車のハッキング事件がマスコミで広く取り上げられた。それにより自動車業界が検討している車載セキュリティ対策について注目が集まっている。本講演では今日現在の車載セキュリティの概要と、開発プロセスにどう車載セキュリティが統合されるのか解説する。また、将来に向けた車載セキュリティの今後のチャレンジを紹介していく。

 「当社の代名詞であるキャリブレーションだけでなく、小型かつ低価格のユニークな新製品『DESK LABCAR』などのソリューションを提案するテスト/検証の分野や、制御機能開発/ソフトウェア開発の分野にも注力している。また、ドイツ企業ならではの強みを持つAUTOSARソリューションや、イータスだからこそ提案可能なSafety&Securityなどの展開も強化したい」(イータス)という。

第8回 国際 カーエレクトロニクス技術展(オートモーティブワールド2016内)

会期 2016年1月13日(水)〜15日(金)
時間 10:00〜18:00(15日(金)のみ17:00に終了)
会場 東京ビッグサイト
ブースNo. W2-3


sp_aw2016_logo.jpg >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.