ニュース
» 2016年01月04日 07時00分 UPDATE

FAニュース:垂直案内に空気軸受を搭載した高精度垂直軸テーブル

日本精工は、駆動モータを小型化し、真直度の再現性が±0.1μm以下と高精度な位置決めが可能となった、垂直軸テーブルを開発した。

[MONOist]

 日本精工は2015年12月15日、次世代半導体製造装置の小型化・微細化・3次元化などに対応する、高精度垂直軸テーブルを開発したと発表した。

 スマートフォンやタブレット端末の電子部品生産現場では、部品の小型化・微細化に伴い、高機能・高精度な位置決めテーブルが求められている。

 今回開発された垂直軸テーブルは、垂直案内軸受に空気軸受を搭載。真直度の再現性は従来品の±0.5μmから±0.1μm以下となっている。同社独自の自重キャンセル機構により、駆動モータを50%以下に小型化できる。

 さらに、くさび機構を採用することで、垂直方向の高精度位置決めを可能にした。クリーン対応は、ISO規格最高のクラス1(1m3中に0.1μm粒子が10個以下)相当だという。

photo
photo
photo
photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.