ニュース
» 2016年01月05日 11時00分 UPDATE

オートモーティブワールド2016 開催直前情報:運転中に指さしだけで情報表示が可能、村田製作所の3次元動作センシング

村田製作所は「オートモーティブワールド2016」で、コネクテッドカー、HMI、パワートレインなどをテーマに展示する。3次元でのセンシングによる自律航法や運転支援関連のデモも実施する予定だ。

[齊藤由希,MONOist]

 2016年1月13〜15日の3日間、クルマの次世代技術の専門展示会である「オートモーティブワールド2016」が東京ビッグサイトで開催される。

 同展示会の開催に先立ち、アイティメディアが運営する「MONOist」では、オートモーティブワールド2016の特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい。

 さて、今回紹介するのは、電子部品大手の村田製作所だ。同社は自動車市場を経営戦略上の重点市場として位置付けており、「オートモーティブワールド2016」では自動車市場に向けた小型/高機能/高信頼/高効率、あるいは快適性に貢献する電子部品や各種ソリューションを提案する。

村田製作所の展示ブースイメージ 村田製作所の展示ブースイメージ 出典:村田製作所

展示ブース内でミニプレゼンも

 ブース内は「Connected Car」「HMI」「Powertrain」「Passive Component」などにゾーニングし、充実した車載向け製品ラインアップと、自律航法やADAS(先進運転支援システム)/HMI(Human Machine Interface)など話題の先端技術に向けたソリューションを出展。またブース内にプレゼンコーナーを設置して各商品部のエンジニアによるミニプレゼンを実施し、課題解決策や自動車市場への熱意をアピールしていく。

 ブースでは、ジャイロセンサーと加速度センサー、気圧センサーを組み合わせ、高さ方向の検出精度を向上させた3次元デッドレコニング向けのデモを行う。トンネル内での位置情報取得や高速道路上などでの高さ情報の取得に役立つソリューションを紹介する。

 また、3次元空間での動作を検知するモーションセンサーを活用したADAS向けコントローラのデモも出展する。ステアリングから手を離さずに、アラートマークを指させば表示されるADASセンシング情報に注目だ。その他、車載向けコンデンサシリーズやノイズ対策事例、電源なども数多く展示する。

 オートモーティブワールド2016の見どころは「当社の汎用品/電源/センサー/通信モジュールなどを組み合わせた、自律航法やADAS、HMIなど先端技術に向けたソリューション提案」(村田製作所)だ。ブース内には説明員として多くの同社エンジニアや営業担当者を配置する。「ぜひお客さまの忌憚のないご意見/お声をお聞かせいただき、次なる開発/改善のヒントにさせていただきたい」(同社)という。

第7回 EV・HEV駆動システム技術展(オートモーティブワールド2016内)

会期 2016年1月13日(水)〜15日(金)
時間 10:00〜18:00(15日(金)のみ17:00に終了)
会場 東京ビッグサイト
ブースNo. W12-78


sp_aw2016_logo.jpg >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.